水素水を濃度で比較

水素水は高濃度が決め手!!

近頃、TV番組、雑誌で「水素水」の話題をよく耳にしませんか?
悪玉活性酸素を除去する効果絶大と言われ、アンチエイジング対策に最も効果有りとのことですが、もしそうだとしたら、水素水は何を基準に選べばよいのでしょうか?

 

水素水を比較するのに一番分かりやすい指標はやはり「濃度」です。
なぜなら、高濃度の水素水は沢山水素を含有しているからなのです。

 

それでは、高濃度の水素水を比較していきましょう。

 

 

1.7WATER(超高濃度 7.0ppm)

現在、販売されている水素水の中で最も高濃度の水素水のが「7WATER」です。 
何と水素溶存濃度が7.0ppm!!

<%第1位 %>

 

医療現場、フィットネスジムなどで採用されている、プロ仕様の水素水です。
しかも、ご家庭で簡単に作ることが出来ますので、長く飲み続けることも可能ですね。

 

水素水発生剤が30個入って6,048円(税込)なので、500mlのペットボトル1本分が202円とかなりお得です。

 

<定期便を利用すると、2ヶ月目からは5,832円なのでもっとお得!!

 

 

2.浸みわたる水素水(高濃度2.8ppm)

浸みわたる水素水は日本名水百選に選ばれた熊本県菊池の天然水を使用しています。

 

<%第1位 %>

 

容器はアルミパウチでしっかり密封。製造から8週間を経過しても1.6ppmの濃度を確保しています。

 

製造工場はISO9001の認証を取得し、徹底した管理の下でつくっています。

 

初回お試しセットは1,980円(税込)です。初心者の方には安心してお試しできる価格といえるでしょう。

 

 

<%第1位 %>